何冊よめるかな?

本棚の肥やしと化した本たちを供養するため始めたブログ

2018-16 一休・骸骨

乃木 著『一休・骸骨』読了

 本書のことを知っている人は、少ないと思われる。なぜというに著者はプロの作家ではないからだ。著者は「カエサルの休日」というpodcast番組を、ダニエルさんという画家の方と、一緒に主宰されている、映像クリエイターの方だ。私はこのpodcastの大ファンで、第1回目から聴いている。番組内で、著者は小説を趣味として執筆していることを明かしていたが、数ヶ月前、電子書籍として、無料で公開された。即購入。他に読むべき本などもあったため、遅くなってしまったが、ついに読むことができた。

 本書は、一休宗純地獄太夫を題材にした時代小説だ。著者が歴史についての造詣が深いことは、番組のリスナーなら誰でも知っている。とはいえ、素人が趣味で書いた小説だ。正直、そこまで期待しないで読みはじめた。

 しかし、私のその心構えは間違っていたことが、直ぐにわかった。単におもしろかったという感想では済まない。読後、「凄いものを読んだ」という興奮と、その興奮ゆえの半ば虚脱感のようなものに捕らわれたものだ。

 何がそこまで、私に迫ったのか。「凄い」と感じる作品は、作品全体として迫ってくるのであって、どこか一部分を取り出して、要素還元的に分析し、まして言語化する力は私にはない。言語化した途端、私が感じた「凄さ」は失われてしまう気がする。でも、本書について、敢えてその愚を犯すならば、それは「因果律の超克」という主題にあると思う。

 私の、ちょっと大げさに言えば、人生のテーマとして「因果律の超克」がある。悪いことをすると地獄に堕ちる。善いことをすれと天国に行ける。因果応報。そんな素朴で、素朴であるだけに力強い道徳律がある。因から果をみればこのようになるが、果から因をみると、「今、あなたが不幸なのは、過去の行いが悪いからです」となる。

 思い出すと、顔から火が出るくらい恥ずかしい過去の過ちのひとつやふたつ、誰にでもあるだろう。最近のアニメでタイムリープものが多いのは、それだけ過去を修正したいという願望を強く持っている人たちが多いからではないか、という論評を耳にしたことがある。

 過去は変えられない。過去に縛られても意味はない。頭ではわかるが、「因果律」という呪いは手強い。過去は取り返しがつかないだけに、心の重荷になる。膨らみ続ける。前世の行いまで背負うことになる。キリストが殺された責任まで背負うことになる。

 本書の主人公は山賊だ。人身売買、盗み、人殺しなど、悪逆非道な生き方をしてきた。ある日、一休と出会う。その後、山賊をやめて、山を下りようとするが、自分が殺した村人の身内に捕まって、裁かれる。主人公は、自分の罪を認め、遺族たちのために殺されてやろうと思う。だが、主人公が処刑される直前に、再び一休が現れ、彼の命を救う。一休は言う。

云うまでもない。おのれは多くの人間を不幸にした。なれど果たしてその報いはおのれを救うであろう。罰も報いも、即ちひとつの果というものは救いに他ならぬ。善果報に悪因果、縁起に恩讐、これみな理じゃ、筋道じゃ。おのれは然るもので許されてはならぬ。何となればおのれの悪には因も種もないからじゃ

 では、どうすればいいのか、という主人公に対し、さらに一休は言う。

何もなすな。悪はもとより善も為すな。何びとも助けるな。救うな。悉く見捨てよ。善人も悪人も、貴人も凡下も誰一人救うてはならん。善があればこそ悪もあらん。(一部引用者改変)

 そして、「二漏」という名を与えられ、主人公の善も悪も成さないという修行の旅が始まる。そして、その後、二漏は過去の大きな過ちと直面させられる。

 これだけ深いテーマを描いた物語を、どのように締めくくるのか。著者は、くり返しになるが、プロの小説家ではない。率直に、読み終えるまでハラハラしていた。広げるには広げてみたが、風呂敷をたためず終える物語は、ザラにある。プロの作家でさえも。にもかかわらず、この物語は、見事に着地した。「因果律の超克」への示唆をたくさん与えてくれたうえに、物語としてもすばらしかった。

 これだけの筆力を持ったひとが、在野にいることへの驚きも加わって、本書は、他書では得がたい読書体験を与えてくれた。文句なく★5。オススメです!

一休・骸骨

一休・骸骨